葉酸サプリを途中で変えるのはOK?何か影響はあるの?

妊娠中の女性はもちろんのこと、妊活にも欠かせないアイテムとして知られている葉酸サプリは、妊娠期に必須の栄養素である葉酸をメインに多様な成分を配合したサプリメントです。
葉酸サプリは実にさまざまな種類が販売されており、場合によっては使用中に別のタイプに変えるというケースもみられます。
葉酸サプリを途中で変えるケースについて考えてみました。

そもそも葉酸にはどんな効果があるの?

葉酸の効能としてもっともよく知られているのが、細胞形成を促進して胎児の先天奇形リスクを低減するというものです。
細胞分裂が活発になる妊娠初期に葉酸不足になると、神経管閉鎖障害などの先天性奇形や発育不全が起こりやすくなるため、妊娠の可能性がある人や妊娠初期の段階で葉酸をしっかりと摂取する必要があります。

妊活期には子宮内膜を強化して着床しやすくするはたらきや、造血作用によって冷えの改善して生殖機能を高めるはたらきがあるため、妊娠しやすい体づくりに大きな効果が期待できます。

また貧血予防や母乳の分泌促進など、妊娠初期以降から産後まで長期にわたって必要とされている栄養素です。

どれくらい葉酸を摂ればいいの?

 

葉酸は食べ物だけでは足りない

葉酸はビタミンB群の一種で、小松菜やモロヘイヤ、キウイやイチゴなど色々な食品に含まれています。
これら天然の食品由来の天然葉酸(または食事性葉酸)はポリグルタミン酸型葉酸と呼ばれ、熱に弱く水溶性であることから調理過程で多くの栄養分を消失することがわかっています。
普段の食事だけで十分な葉酸を摂るとなると大量に食べなければならないので、サプリメントなどが活用されています。

摂取量の目安

厚生労働省では成人女性が摂取すべき葉酸の量を240μg/日としています。
この通常量に時期によって以下のような付加量が必要となってきます。

妊娠予定もしくは妊娠の可能性がある人、妊娠初期にあたる人
通常の推奨量に加えて400μg/日の葉酸を、特にモノグルタミン酸型葉酸で摂取する必要があります。

妊娠中期~妊娠後期の妊婦さん
通常の推奨量に加えて240μg/日をプラスする必要があります。

授乳期
100μg/日をプラスする必要があります。

ずっと同じ葉酸サプリでいいの?

市販されている葉酸サプリの多くは、1日でモノグルタミン酸型葉酸400μgを摂取できるようにつくられていますので、妊活期から妊娠初期の人はこのタイプを選べば安心です。
妊娠初期を過ぎると葉酸の必要量も少しずつ変わっていきますが、多くのサプリは妊娠前~産後まで使用できるように考えて作られています。

時期に応じて葉酸の必要量は変化する

妊娠中期以降は毎日400μgの葉酸をプラスする必要はなくなりますが、引き続き葉酸は重要な栄養成分ですので、それまで使用していた葉酸サプリをそのまま継続する人が多くなっています。
いっぽうで妊娠初期を過ぎて必要以上の葉酸は摂りたくないという人の中には、葉酸の配合量が低いタイプに変えるケースもみられます。

葉酸の摂りすぎが気になるところですが、モノグルタミン酸型葉酸の1日の耐用上限量が900μg(18~29歳の女性)または1000μg(30~49歳の女性)となっており、400μg配合のサプリを摂り続けても過剰摂取になる心配は少ないとされています。
ただし研究途中であるものの、妊娠後期に1000μgを超える葉酸を摂取し続けると生まれてくる赤ちゃんが喘息になりやすいという報告もあるため、注意が必要になります。

妊娠前~妊娠初期以外はモノグルタミン酸型でなくてもOK

自身の体やおなかの赤ちゃんのことを考えて天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)を摂りたいという人も多いですが、天然葉酸は体内吸収率が低いのが難点です。
妊娠前から妊娠初期にかけては葉酸摂取が胎児の成長に大きく影響を与える時期となるため、吸収率の良いモノグルタミン酸型葉酸で400μgを摂取することが推奨されています。
ただ妊娠中期以降は必ずしもモノグルタミン酸型葉酸である必要はなくなるので、天然葉酸タイプのサプリに変えるという選択肢もあります。

葉酸以外の成分にも注目

多くの葉酸サプリでは葉酸をはじめ、ビタミンやミネラルなどさまざまな成分がバランスよく配合されており、妊娠全期を通じて必要な栄養素を補給できるようになっています。
ただサプリによっては時期別に特化した成分を配合しているタイプもあるので、自分に必要な成分が含まれているか、また不要な成分が入っていないかどうかもサプリ選びのポイントになります。

サプリを変えるケースとは?

一般的な葉酸サプリは妊活から産後まで活用できるよう多様な栄養素が含まれているため、ずっと同じサプリを利用する人が多くなっています。
ただ中にはさまざまな理由からサプリを変えるというケースも少なくありません。

葉酸の摂取量が気になる場合

食事からの摂取以外にモノグルタミン酸型葉酸での付加が必要とされる400μgの葉酸摂取量は、妊娠前から妊娠初期にかけてのみになります。
妊娠初期を過ぎてからは240μg、授乳期には100μgを食事もしくはサプリでプラスすればよいので、必要最低限が摂れるサプリに変更するケースもみられます。
ただし妊娠初期を過ぎて400μgの葉酸を摂り続けても、上限量を超えなければ問題はありません。

合成葉酸ではなく天然葉酸を選びたい場合

妊娠中期以降に摂取する葉酸はモノグルタミン酸型葉酸(合成葉酸)である必要はなく、食事もしくはサプリで推奨量をカバーできればよいとされています。
このため、もともと天然葉酸を摂りたいと思っている人の中には中期以降に天然タイプに変える人もみられますが、その際には推奨量がしっかり摂れるものを選ぶ必要があります。

葉酸以外に特に摂りたい成分がある場合

サプリの中には妊活用、妊娠初期用、妊娠中期用、妊娠後期用、授乳期用というように、その時期に特に効果がある成分を特に多く含んだ専用サプリや、美容成分などが含まれるサプリもあります。
人によっては摂りたくない成分や自分には必要ないと思える成分もあるでしょう。
こうした葉酸以外で必要な成分や不要な成分に着目してサプリを変えるというケースもあります。

自分に合わない場合

多くの葉酸サプリでは錠剤の形状や粒の大きさにこだわって飲みやすいように作られています。
ただ口に入れたときの感じ方には個人差があり、つわりなどでにおいに敏感になることもあります。
このため人によっては購入したサプリが飲みにくい、味やにおいが苦手、また体質的に合わないということもあるので、こうした場合に違うサプリに変えるというケースも出てきます。

コスパが気になる場合

葉酸サプリの種類は非常に多く、価格もそれぞれ異なります。
葉酸は長期にわたって摂取が必要になることから、場合によって使用中のサプリを続けるのが経済的に負担になることもあります。
このように値段的な理由からサプリをチェンジする人もいます。

まとめ

上記のように葉酸サプリを途中で変える場合には色々なケースが考えられます。
種類が変わると何粒飲むかも変わることがあるので、飲み忘れや飲む量を間違えないよう注意が必要です。
もしサプリを変えても、そのときに必要な葉酸摂取量をきちんとクリアできていれば問題はありません。

葉酸はベビ待ちの女性や赤ちゃんの誕生を待ち望むプレママにとって非常に大切ですが、普段の食生活では不足しがちな栄養素なので、しっかりサプリで補う必要があります。
葉酸サプリには葉酸以外にも多種多様な栄養素がたっぷり配合されていて、妊娠中にいくつもサプリを併用せずに手軽に栄養補給できるのが魅力です。

また葉酸サプリには妊娠全期を通じて活用できるオールインワンタイプのものや、時期に応じた専用タイプがあるほか、天然葉酸と合成葉酸の違いもあります。

どのサプリを選ぶ場合も、また途中でサプリを変える場合も、大切なのは葉酸が必要な時期に必要な量を摂り続けることです。
成分や安全性、飲みやすさや価格など、自分が納得できるサプリメントを選びながら、くれぐれも葉酸の摂取が途切れないように気をつけましょう。